助産師ですこんにちわ!是非見てってください。


by 9vijccso8g
 魚沼コシヒカリの産地、新潟県南魚沼市で12日、完走者は炊きたてのコシヒカリが食べ放題となる「第1回南魚沼グルメマラソン」が開催された。

 南魚沼の自然や魅力をPRしようと、市や青年会議所などの実行委員会が企画。ゴール後に特製の茶わんを渡された参加者は、川魚の塩焼きやアスパラガスの肉巻きなど特産品をおかずに、次々とご飯をお代わり。用意した540キロが、3000人の胃袋に次々と収まった。

 東京都青梅市、会社員、茂木貴紀さん(25)は「走った後のビールもおいしいけど、ご飯も最高」と笑顔。やっぱり新潟は「麦」よりも「米」のようだ。【塚本恒】

過払い金返還で国賠請求=元貸金業者「規則通りに営業」―東京地裁(時事通信)
共有ソフトPDで人気アニメを“一次放流”の男、逮捕(産経新聞)
谷垣総裁、参院選与党過半数なら辞任(読売新聞)
都城の牛3頭、遺伝子検査で口蹄疫「陽性」(読売新聞)
仙谷官房長官、公務員改革の熱意どこへ…大言壮語“放りだし”(産経新聞)
[PR]
# by 9vijccso8g | 2010-06-16 14:19
 菅直人副総理・財務相(63)は3日、民主党本部で代表選の出馬会見を行い、「国民が民主党に託した『日本の再生』というたいまつを鳩山(由紀夫)首相から引き継ぐ」と述べた。

 【解散・総選挙】

 −−自民党政権で首相が辞めたときに、野党時代の民主党は民主主義として国民に信を問うべきだと批判を繰り広げてきた。首相に就任した場合に、早期に衆院解散をする考えはあるか。もし、ないのであれば、その理由と、これまでの発言との整合性について教えてほしい

 「これもあまりまだ何とも言えない。いろんな仮定の中で断定的なことを申し上げるのはできるだけ控えたいと思いますが、私は去年の政権交代は、もちろん鳩山代表を先頭にしての選挙を戦って支持を得たわけですけれども、一方では長く長く続いた自民党中心の政権に対して、政治に対して、一度は民主党にやらせてみたいと、そういう思いで政権交代を選択していただいたと思っております」

 「もちろん、総理が代わったときに、ある段階で信を問うということは、それはそれとしてある意味では一つの考え方でありますけれども、まだ民主党は、ある意味で民主党としての政権としては、まだスタートを切ったばかりでありますので、私はそれがどの程度の時期になるかまでは申し上げにくいわけですけれども、少なくとも例えば、もう一度予算を組むとか、あるいはいくつかの政策を実行するとか、そういうことまではしっかりとやっていっても私は国民の皆さんに理解をしていただけるのではないか」

 「特に参院の選挙もありますから。もちろんこれは大変厳しい状況にこれまであったわけで、そういう点ではなかなかこうした新しい状況でも楽観できるとは思いませんけれども、少なくとも新たな総理が私であるかどうかは別としても、選ばれたときに、その総理のもとで戦われる参院の選挙もですね、一つの国民の皆さんのその政権に対する一つの審判であるわけですから。それも踏まえて、先ほど申し上げたようなことも踏まえて、その段階で考えていきたいと思います」

 【配布資料 「立候補表明にあたって」】

 「昨年来、多くの国民の皆様から民主党にいただいた『政権交代による日本再生』の希望のたいまつを鳩山代表から引き継ぎ実現するため、私は民主党代表選に立候補の決意を固めました。立候補に当たり、私自身鳩山内閣の一員として国民の皆様に必ずしも十分に応えられなかったこと、鳩山総理を支えきれなかったことをおわび申し上げます」

 「まず民主党が失った国民の信頼を回復するためには、政治と金にまつわる問題にけじめをつけることが必要です。鳩山総理は辞任表明の中で総理自身と小沢幹事長に関する政治と金の問題が民主党への国民の不信の原因であることを認め、総理自身と幹事長の辞任による、けじめを示されました。この鳩山総理の勇断を裏切ることなく、民主党を国民に信頼されるクリーンな政党にしていきます」

 「次に、沖縄の普天間基地移設問題でも多くの皆さんに失望を与えてしまいました。沖縄の米軍基地問題は沖縄の人々の負担の軽減や安全保障をめぐる日米の信頼関係の維持など極めて難しい問題です。日米合意を踏まえつつこれからも沖縄の負担軽減という目標に向かって大きな域の長い努力が必要です」

 「また、多くの国民の皆様の願いは、ここ20年近い日本経済の低迷や社会の閉塞感を打破してほしいという期待であったと思います。私は経済・財政政策を誤らなければ今のようなデフレを伴う長い経済の低迷と巨額の財政赤字の累積を招くことはなかったと考えています。『新成長戦略』と『財政運営戦略』を6月中にまとめあげ、強い経済、強い財政、強い社会保障を一体的に実現します。

 民主党は本来、活力ある自由闊達な政党です。1998年に結成以来、志の高い有能な仲間が集まってきてくれたからです。その多くは、私と同様、普通のサラリーマンや自営業の家庭出身者です。こうした日本の将来を担う政治家が力を発揮できる場を提供することがリーダーとしての大きな使命だと考えています」

 「以上、代表選立候補に当たっての私の決意を申し述べました。多くの皆様のご理解とご支援がいただければ幸いです」

【関連記事】
菅氏「普通の家庭に生まれた」
菅氏「小沢氏は静かにしていて」
菅氏「鳩山氏の思い受け継ぐ」 日本の再生へ意欲
菅氏、G20欠席 国際舞台でさらに地盤沈下…
欧米主要紙が論評 「恥をさらさないような指導者を」
「はやぶさ」帰還へ

首相、辞任論に「迷惑かけていることは理解しているが…」(産経新聞)
<民主代表選>菅直人氏を選出 291票を獲得(毎日新聞)
「参院選目当てだ」=首相退陣表明を批判―石原都知事(時事通信)
「抱っこ」で乳児にアザ・骨折、不審女が十数件(読売新聞)
【首相辞任】参院選「7月11日が望ましい」 小沢幹事長(産経新聞)
[PR]
# by 9vijccso8g | 2010-06-07 15:07
 譲渡が禁止されている宝くじ販売権の売却話を持ち掛け、現金400万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課と麹町署は24日、宝くじ販売会社「ニューロッタリーサービス」(東京都渋谷区)実質経営者の小宮山徹(48)=渋谷区東4=と同社社長、橋本憲二(41)=大田区本羽田2=両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。小宮山容疑者は民主党の小宮山泰子衆院議員(45)=埼玉7区=の実兄。捜査2課によると、2人は「だますつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 捜査2課は、小宮山容疑者らが他にも04年以降、宝くじ販売に関連する架空事業への出資話を持ち掛け、3人から計約3億2600万円を詐取した疑いがあるとみて捜査している。

 逮捕容疑は、09年6月、宝くじ販売所1店舗の販売権を1000万円で譲渡するとする契約を板橋区に住む知人の会社役員の男性(45)と結び、400万円をだまし取ったとしている。

 捜査2課によると、小宮山容疑者は男性に「会社の運営が思わしくない。500万円を出してくれれば2カ月後に600万円にして返す」と偽り、500万円を受け取った。ところが、返済できず、宝くじの販売権の譲渡を持ち掛けたとみられる。

 小宮山容疑者は埼玉県内や都内で宝くじ販売所約20店を経営していたが、現在は営業実態がないという。

 泰子氏は取材に「事実を知ったばかりなのでコメントできない」と話した。【酒井祥宏、川崎桂吾、伊澤拓也】

【関連ニュース】
宝くじ販売権譲渡詐欺:被害数百万円、容疑の男逮捕へ
無銭飲食容疑:男逮捕 44円しか持たず焼き肉店で23点
詐欺:容疑で男女2人を逮捕 転売目的で口座開設
リフォーム詐欺:「認知症」狙い営業、理解不能なら再訪問
詐欺容疑:アリコ流出情報を悪用 警視庁、男女逮捕へ

民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避(産経新聞)
中国に協力要請へ=米韓と対北包囲網構築目指す―政府(時事通信)
二輪車通行禁の道路があるのはなぜ? 背景に暴走グループ拡散と中高年事故(産経新聞)
<田んぼ対決>まちおこしでも阪神・巨人戦(毎日新聞)
<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
[PR]
# by 9vijccso8g | 2010-05-28 15:22
 和歌山県串本町須江の農業、井本甚一さん(66)の畑で育ったバナナの木が実を付け、13日、収穫作業があった。例年の収穫は2月が多いが、昨冬の台風と寒さで今年は5月になったという。

 井本さんは40年前に知人から苗をもらって、海岸近くの自分の畑に植えたところ、高さ7〜8メートルの木が約60本生えた。そのうち、十数本に長さ15センチほどのバナナが40本前後つくようになったという。

 木の手入れはしていないが、「台風で何本か倒され、『寒さで実も黄色に熟さないかも』とあきらめていたが、ようやく収穫できた」と喜んでいた。【山本芳博】

【関連ニュース】
<写真特集>白いイチゴが人気 その名も「初恋の香り」
<写真特集>鳥取スイカ:ミス・ワールド日本代表の佐々木さんがPR
<写真特集>バナナに牛乳は相性バッチリ
<写真特集>東国原知事:ピーマンキャンペーン
<写真特集>桜島大根:世界一巨大なダイコンをPR

内閣委員長解任案を否決=衆院(時事通信)
将棋 力戦模様の展開に 名人戦第4局(毎日新聞)
友人が酒気帯び当て逃げ、同乗の警官逃げる(読売新聞)
進次郎氏“修羅場”もみ合い、転倒、けが人も!(スポーツ報知)
<みんなの党>新人の松田氏擁立 参院選東京(毎日新聞)
[PR]
# by 9vijccso8g | 2010-05-20 01:23
 京都在住の70代の夫婦が、日々の食卓の様子をつづったブログが人気を集めている。季節の食材を使ったパエリアやスープ、手作りパンなど心をこめた一皿一皿の写真と、温かな文章に、「おいしそう」「幸せな気分になります」と国内外にファンが広がり、これまでに1470万人がアクセスしている。

 ブログを立ち上げているのは、グラフィックデザイナーの岡西克明さん(73)と松子さん(73)夫妻。タイトルは「ばーさんがじーさんに作る食卓」だ。

 ブログを始めたのは、ちょうど5年前のこと。克明さんが人間ドックで、カロリー計算や減量が必要だと言われ、記録として食事の写真をとることに。デジカメを買ったことをきっかけに、ブログに挑戦したという。

 当初、「減塩、低カロリーだと、同じくらいの年代の人が見にきてくれるのかと思っていた」(克明さん)が、意外にも、20代、30代の若い女性たちが多く訪れるようになった。

 現在1日1万2千人が訪れる人気ブログの魅力は、何と言っても、料理。近所の農園からもらう旬の野菜、自宅で栽培したシイタケ、自家製の保存食などを、塩分や油分などに気をつけながら、松子さんが、スペイン料理、タイ料理にイタリアン、中華、と幅広いレパートリーで料理する。例えば4月の岡西家の食卓には「麻婆タケノコ」「伸びたブロッコリとドライトマトのパスタ」「春シイタケのスープ」と季節感たっぷりなメニューがのぼった。

 松子さんは料理を習ったこともなければ、外食もあまりしないという。頼りになるのは、本棚に数え切れないほど並んでいる、料理本。「なんだか、まだ作っていないものが、いっぱいある感じがします」

 毎日の食事作りは「ままごとみたいで楽しい」という松子さん。「一食一食を大事にしたい。楽しんで食べたいです。いつまで2人一緒にいられるかも分からないし」

 でも。「年を取って時間ができてからいろいろ、できるようになったんですよ。若いときは、楽しく家族で食べれば、それでいいじゃないですか。作んなきゃ、なんて思わずに」(松子さん)。「そう。たまに、やるぞ!ぐらいの気持ちでね」(克明さん)

 2人の温かな人柄に、「実家のようです」と心安らぐ人や、「お二人のように年をとりたい」とあこがれる人が後を絶たない。(岸本佳子)

<子ども手当>在日外国人への支給、見直し必要…枝野担当相(毎日新聞)
<目白シンラート>夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)
首相、17日以降に沖縄再訪問へ(読売新聞)
パロマ中毒死、11日判決=元社長ら無罪主張−安全管理責任で判断注目・東京地裁(時事通信)
女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
[PR]
# by 9vijccso8g | 2010-05-12 17:19